OCNモバイルONEをテストしてみました

2016年からOCNモバイルONEを使っています。

数週間の出張予定ができたので通信のテストをしてみました。ドコモのエリア内であればそれほど速度低下もないと思うので今回は制限容量とかについてです。

契約プラン

音声通話のできるベーシックプラン。それに110MB/1日の通信コース。短距離移動で電車内とかでメール見たりツイッターしたりするくらいであれば十分なコースです。全く使わないと翌日に繰り越すことも出来ます。上限が230MBだったかな。ちょっと上乗せされたと思います。

110MB超過した場合

速度制限がかかります。ですが、通信速度制限後も200kbpsで使い放題となります。

実際にやってみた

端末をUSBテザリングでPCに接続して、250MBくらいダウンロードします。Youtubeとか見ていればあっという間ですね。OCNの専用ソフトで残量が0MBになったら制限が開始されているはずなので、チェックしていきます。

※追記:通常の通信状態で「黒い砂漠」を起動すると15MBほど使いました。「FF14」では5MBほどで起動しました。

制限状態でも普通のサイトなら問題ない

現在の多くのサイトはAMP等でモバイル最適化をされているのでサイトを見る分には全く問題ないでしょう。ややロードが遅いですが昔のダイヤルアップ接続と比べれば雲泥の差でしょう。

制限状態でのアプリやゲームはどうでしょう

スマホアプリでは大体どれも問題なく使えています。さすがに初期ダウンロードの容量大きいものはそれなりに時間がかかります。

PCゲームでも試していみました。最新テクノロジーの詰まった人気タイトル「黒い砂漠」では起動時間はあまり変わらないものの、通信が間に合っていないのか画面は表示されているもののアクションが出来ない等の現象がでました。5分ほど放置しても変わらずだったのである程度の速度は必須かと思われます。

続いて「ファイナルファンタジー14」を見ていきましょう。こちらは開発陣が苦労してパケットを計算していると公言しているだけのことはあってほぼ問題なくプレイができました。初期ダンジョンである「サスタシャ侵食洞」にも行ってみましたが問題なくクリア。ただし他のプレイヤーが一旦停止してから高速で動き出す、いわゆる遅延と呼ばれるものは頻繁にありました。ソロプレイをしている分には問題ありませんが、ゴールデンタイムなどでは迷惑をかけてしまう可能性はありますね。

アプリをうまく使おう

OCNモバイルONEの公式アプリには「節約モード」というものが付いています。これをONにすると500kbpsに通信速度が制限されます。500kbpsと遅くはなりますが、制限時の2倍強あるのでうまく使えば快適になりますね。