ポルシェを買っちゃいました。

りんごを収穫していて軽トラが運転できれば毎回来てもらって荷揚げ作業が減らせるなーと思っていたところ、1台空いてるのがあるとのことで借りて作業したりしていました。いずれは必ず必要な軽トラックだし、新車は資金的にも厳しいですが中古ならといい物件を探していました。現在のバイト期間中と研修期間中+アルファ、5年くらい保てばいいかな。なんてね。

候補車は

ホンダのアクティ。スズキのキャリィにダイハツのハイゼット、そしてスバルのサンバー。あとは日産・三菱とかもあるけど、現行車はキャリィとハイゼットだけになってしまいましたね。中古車ならまだ程度の良い物件が探せばあるので今が最後のチャンスになるかも。

というわけで第一候補はホンダ・アクティ。価格をみていくと相場的にちょっと割高ですね。ということで見送り、スズキ・ダイハツはなんかデザインがちょっと気に入らなくて、残るはスバル?年式がちょっと古いんだけどサンバーがとてもお買い得な価格帯になっていました。

スバル・サンバーのポイント

サンバーは車の構造的にマニアに人気があり、リアエンジン・リア駆動スタイルは、高級スポーツカーのPorcheと同じレイアウトを持っています。さらに4輪独立懸架サスペンションと相まって走行性能は折り紙付き。

ですが、そのレイアウトの為に整備性が悪そうです。エンジン自体は荷台の下にあるのでアクセスは楽ですが、狭い場所に凝縮されているのでいろいろ外してからでないと整備できません。エンジン構造も水平に近いマウントなのでオイル漏れなどが頻繁に起こるものもあります。さらに構造が複雑な故に溶接箇所も多く、状態の悪い個体はサビによる腐食がかなり多いです。

実車見学へ

自動車検索サイトを片手に数件、自動車販売店へ行って見てきました。農業使用がメインの車両なので、ある程度の傷や凹みなどは許容ができますが、やはり年式相応というかちょっとお支払いしたくないな、という車両ばかりでしたね。言っちゃ悪いけどスクラップまであと一歩という印象w

理想車両に出会えた

合計3台ほど、サンバートラックを見てきました。結果としてサンバーは辞めようという結論にまで達していました。乗り出し価格30万円以下の車両は、あまりよろしい状態のものが無い(少ない)ですね。

で、ふと、車情報サイトを見ると、なんと近所のお店に走行距離の少ないワンオーナー物件を見つけてしまいました。乗り出し価格が出ていなかったので、問い合わせをしてみる。タブン整備費用とか上乗せMAXで40万円くらいなのかなーと思っていましたが。まさかの予算内。

とても魅力的な物件でした

ボディ全体、小キズはあるけど大きい傷凹み無し。よーく見ると荷台裏側とかにサビは見られますが、下回りは分厚いパスタ塗装がされていません。ブラックで軽い上塗り程度なので状況がわかりやすいのは◎ サビの上からべったりパスタ塗られてるとどうしようもないですからね。エンジン下もきれいでオイル漏れ無し。※デフからオイル漏れがあったようですが納車前にシール交換済みでした。走行距離もまさかの2万キロと低走行。慣らしの終わった新車か。もう即決でしたね。

というわけで車検は切れていたので取ってもらい納車となりました。よく見ていけば治す必要のありそうな箇所はちょいちょい見つかると思うけど、いい買い物ができました。このコンディションなら10年保ちそう。

この続きは、車専用のガレージブログで書いていきます。

 
生まれ住んだ神奈川県から信州・安曇野に移住。果樹農家に就農予定のWEBクリエイターの40代。就農チャレンジをブログにしています。よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

よろしければ、ぽちっとお願いします