【農業体験】中野市で農業体験してきました

4月に申し込んでおいた中野市の農業体験に参加してきました。申込をした後、少し時間が空きましたが何度かメールのやり取りを行って日程が決まった感じです。当日のスケジュールもPDFで送られてきていたので楽しみにしていました。

中野市までの距離

甲府市から自家用車で向かうことにしました。距離にすると約170km。結構ありますね。午前9時に待ち合わせなので4時半ごろ出発です。なるべく費用を抑えるべく下道メイン。途中、中部横断自動車道の無料区間があるので活用していきます。GoogleMapの時間はあくまで予想なので、早朝の田舎道は渋滞もないので実際は早く到着すると思われます。

到着して畑へ

8時には中野市内へ着いてしまったので、近くのコンビニで小休憩してから9時ちょっと前に市役所に到着。駐車場は隣の学校の送り迎え用に開放しているらしく学生だらけ。紛れて駐車場で待っていると農政課の方が来てくれました。

途中、農園主と待ち合わせ場所へ。軽く挨拶をして畑に移動します。そして、りんごの摘果作業を習いました。シナノスイートの木だそうです。りんごは接ぎ木をすればどんな品種でも繋がるそうで、面白いですね。

りんごは一箇所に実が5~6個付いてしまうので、一番生育のよいものか中央にあるもののみを残してハサミで切り取ります。枝の先端についているのもあれば、葉っぱの裏に隠れてたり、大きさもまちまちなので大変ですね。決まったところに決まった数だけあるということはないので見つけながら確実にカットして、かつ作業スピードも素早くしないと日が暮れてしまいます。大変だ。

差し入れを頂きました

農園主の親父さんが様子を見に来てくれて、飲み物やデザートをいただきました。感謝。農業体験はCOVID-19の為にしばらく行っていなかったようで、再開後初の農業体験だったみたいでした。どんな人がりんごに興味をもってやってくるのか、気になったようです。そりゃ気になりますよね。しばらくいろいろなことを会話して、作業に復帰。

親父さん一旦戻ってりんごジュースを持ってきてくれました。しかも1ケース。緊張しててあまりうまく話せませんでしたが、ありがとうございました。

農業体験はお昼まで

お昼はコンビニで適当に済ませて、午後は役所の方と市内観光へ。中野市内の園地・圃場を案内してもらいました。中野市は市街地が中央に密集していて、それを取り囲む居ように果樹園がたくさんあります。新幹線のすぐ脇を通ったり、スプリンクラーで車がびちゃびちゃになったりして楽しかったw 農産物の直売所も回ってくれて、値段表みたらダイソーでした。野菜が安い。

その後、役所内で就農に関する説明や質疑応答などがあり、とても充実した一日でした。VIPか、と思うくらいすごい親切丁寧に対応してもらってとても良かったです。名刺もVtuberだったり温泉?だったり、全員デザイン違くて面白いですね。