Windows 7 / 8.1 サポート終了へ

マイクロソフトによるWindows OSの延長サポートはWindows 7は2020年1月14日、Windows 8.1は2023年1月10日にそれぞれ終了となります。継続して使用するにはWindows10への移行が必要です。

サポートが終了すると使えなくなるのか?

パソコンとしての機能は継続して使用可能なんですが、マイクロソフトのサポートが無くなるのでセキュリティ更新プログラムが配信されなくなります。

セキュリティの問題

パソコンはインターネットに接続して使用が一般的です。単純にホームページなどの閲覧やファイルのダウンロードなどを普通の人が行う分には問題がないのですが、悪意を持った人が実は国内外にたくさん居ます。ダウンロード中のデータに割り込んでウイルスを仕込まれてしまうケースもあります。

マイクロソフトではこういった問題点を毎週、場合によっては毎日、更新プログラムとして配布しています。簡単に言えば毎週のように家の鍵を新しいものに交換している感じです。

また、即時ではないようですが、ウイルス対策ソフトにおいてもサポート終了したオペレーションシステムに対しては有効ではなくなります。

終わりに

会社等でサポート切れのPCを使うなんてことはもっての外だと思いますが、情報セキュリティが要求される時代にあえて漏れやすい端末を使っていく理由は無いと思います。「わからない」では済まない問題になる可能性もありえます。

Posted by toriusa