SSLにかかる費用って?

WEBサイトは「http://」から始まるURLでアクセスできるものですが、Googleの一喝により「https://」がよもや必須となりました。現在はまだ未対応のサイトもありますが、概ね対応されていますね。

「https://」にする理由おさらい

SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)は、いずれもインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。 個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。https://www.sslcerts.jp/

セキュリティの面でも有効ですが、SEOの面でも有効です。徐々にSSL対応していないサイトは検索順位から落ちていってしまうことが予想されます。

意外と費用がかかる?

全てをWEBサイト制作・管理会社に委ねてしまっていて、もちろんサイト規模やシステム内容にもよりますが、「SSL対応に適用する費用として20万を超える額を請求されてしまった」という話をけっこう聞きます。SSLの適用について実際はどのようなことをするのか解明していきましょう。

SSLにもブランドがある

WEBサイトのデータ及びシステムが格納されているサーバー・サービスによってSSLの種類が異なります。そしてさらにSSLにもブランドが存在し価格もそれぞれ異なるものがあります。

さくらインターネットの場合

Let’s Encrypt JPRS
ドメイン認証型
CyberTrust
SureServer for SAKURA
SECOM
パスポート for Web SR3.0
Symantec
セキュア・サーバID EV
0円/年 972円/年 41,580円/年 59,400円/年 174,960円/年

例としてざっと5つのブランドをリストアップしてみました。年間0円のものから15万円を超えるものまでラインナップされています。顧客データを取扱うECサイトなどではしっかりとしたブランドのものを使用されたほうが良いですが、一般的な会社案内のようなサイトであれば高額なものは必要ないと思います。

レンタルサーバーによって取り扱っているブランドが異なりますので確認が必要です。また、一般的なレンタルサーバーを利用してなく専用のサーバーで運営されている場合は、認証鍵などを用いてSSLをインストールする必要が出てきます。



SSLは契約しただけではダメ

ここが一番大変な部分になります。運用しているサイトによっても変わってきますが一般的なhtmlだけで構成されているサイトであれば、サーバーの設定を行い、ページに記述してあるURL・リンクの部分を書き換えるだけで済みます。設定変更とリンク修正のみなので10ページくらいのサイトであれば、かかっても1時間くらいで完了するかと思います。

WordPressを使用している場合

この場合はWordpressの設定を変更する必要があり、サイトボリュームによっては数日かかる場合もあります。ですが、さくらインターネットのサーバーを使用している場合に限り、「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン 」というものがあり、プラグインを適用すると設定完了になります。ただし自動で転送する設定もあるのできちんと設定したほうが表示速度が高速になります。

Let’s Encryptについて

レッツエンクリプトは無料ですぐに利用可能なSSLサーバー証明書で、アメリカの非営利団体ISRG (Internet Security Research Group) が、2016年から提供しているサービスです。以前はレンタルサーバー対応が無かったので自力で設定するしかありませんでしたが、現在は対応しているレンタルサーバーであればサーバー設定で簡単に設定できるようになりました。


高額なブランド・プランを利用しているというならわかりますが、普通に適用するだけで20万円超を要求してしまう制作会社には疑問を感じます。契約書等に「SSL対応費用」とだけ書かれていたら、SSLのブランドや種類など突っ込んで聞いてみてはいかがでしょうか。

Posted by toriusa