【Demio-DJ5FS】フォグランプをLEDにしました

Amazon見ていたら、かなり安く売っていたH3のLEDをテストを兼ねて購入してみました。3,780円で2年保証なのでちゃんとしてる感じはします。

フォグランプをLEDにするメリットとデメリット

現在はファッションとして常時点灯させている人が多く見かけますが、フォグランプはその名の通りフォグ(霧)用のランプです。山坂道などを走行中に霧が発生したときに点灯させて視界を確保するという用途があります。ヘッドライトよりも低い位置に取り付けるので路面の状態が見やすく、降雪時の視界確保にも役立ちます。

LED化のメリットとしてはやはり明るさと耐久性・省電力にあると思います。デメリットは温度。冷却ファンがついている製品も多いですが、排出するのは後ろ側になります。降雪時は当然車体にも雪が積もりますがLEDは通常の電球と違い発熱があまり無いので付着した雪が溶けません。なのでランプとしての効果は積もってしまうと失われてしまうことになります。

スペック

商品名Relassy LEDフォグランプ
搭載LEDPHILIPS製チップ搭載
消費電力25W
明るさ6000lm
色温度フィルム張替えタイプ3000K/6500K/8000K
保証2年保証

取り付け

デミオディーゼルはアンダーカバーをめくって作業します。助手席側はタイヤハウスから見ながら作業も出来ますが、運転席側はウィンドウォッシャーのタンクが真後ろにありスペースもあまり無くて作業困難でした。運転席側は結局タイヤを外してタイヤハウスからフォグランプのネジを外してズラすとなんとか装着できました。結構大変。バルブの長さは問題ないけれど、後ろの冷却フィンが大きいのが問題ありでした。

問題点

サイズ的にはなんとか装着できましたが、バルブの角度調整機構に問題がありました。バルブ本体と角度調整部分が固定ネジ1本しかないために、ちゃんと締めないと装着時に回していると本体が回ってしまいました。また、強めに締め付けると素材のあまり良くないアルミなのでネジがちゃんと閉まらない状態に。

別のネジと交換して事なきを得ましたが、注意が必要ですね。固定ネジの箇所を2~3個に増えれば良いかな。あとはどのくらい耐久性があるのかが問題ですね。