[#ワゴンR-MH55S]PIAAのLEDウィンカー兼ポジションバルブLEWP1を取り付けた

最近、車が小さくてダークブラウンのせいか、飛び出しとか急な車線変更が気になるようになった。自分勝手なドライバーが増えているので車のせいでは無いかもしれないけどね。確かに車体色等で見えにくくなるのも確かなので対策をしてみることにしました。

フォグランプはオプション

MH55Sのフォグランプはフロントバンパーをくり抜いて取り付けるタイプのディーラーオプション品しかない。フォグランプをつけてイカリング的なデイタイムランプが理想だったけど、ワゴンRのはカバーが出っ張って格好悪いし、何より高いので却下した。

ウィンカーポジションを検討

最初に検討したのが、IPFのウィンカーポジションキット。販売価格が3,000円程度と安価で本体に切り替えスイッチが有り、機能をOFFにもできるスグレモノ。車検対応だけど、オフにしちゃえば検査しなくてもいいから面倒くさくないね。バルブは付いていないので走行中は電球をつけることになるから熱をもつしバルブ寿命が心配だね。

PIAAで探してみたらあった

ワゴンRを購入してからやたらPIAA贔屓になってしまったが、探したらありました。PIAA ウインカー/ポジション用 LED LEWP1。これはバルブ付きで、ポジション用の配線を繋げなければただのLEDウィンカーですね。LEDウィンカーのバルブってなんで高いのか知らんけど、バルブ込みで8,000円程度なので、許容範囲かな。

取り付け

箱から出すとこんな感じ。ハイフラ防止の抵抗もついてるので配線多めだね。

バルブ形状指定があるのに、なぜか汎用のLEDキャップ。結構強く押し込まないと装着できないのでシリコングリスを薄く塗布しました。ゴムも結構やわいから外すとき切れそうだなー。ウィンカー端子の方もゴムブーツとか何もないので防水に自己融着テープでぐるぐる巻きにしたほうが良さそう。

点灯比較

写真ではわかりにくいけど、だいたい同じくらいの輝度。LEDのほうが点滅のキレがいい。

ポジション点灯

ハンドル右下のスイッチボックスに空きがあったので(おそらくフォグ用)エーモンのロッカスイッチを取り付けてポジションのON/OFFを可能にした。このスイッチは点灯時に青色LEDが光るんだけど、ちょっと明るすぎかも。

バルブ拡大。ヘッドライトもポジションもPIAAなので色の違いは無し。

ポジション消灯時も点灯時もオレンジが消えて精悍な顔つきになった気がする。夜じゃないと明るさはあまりわからないが、外部からの視認性は上がっていると思う。あとはグリルの隙間に側面発光のLEDでもつけようか。